ずっとココの日記放置していますが、宣伝ぐらいは書かないと…。

白泉社より、『4ジゲン』という漫画の単行本が出ます。

9月5日火曜日です。

A5版(B.B.Jokerと同じ大きさ)・680円(税込)です。

著者名は「にざかな」です。

あれー…なんでまたやってんのー…?と思われる方も多くいらっしゃるかとは思いますが。

私も疑問ですが。

例によってまだ製本されたものがギリギリまで届かないようなので(主に原作者の進行がネックとなり…)、開発途中の、最終稿に近い表紙となりますが…

色味などは若干変るかもしれないとの事です。

また、実際手に取ってマジマジと見ると、何かが変です。手に取らないと恐らく気付きません。え…何故こんな分かりにくいギミックを!?と呆れる事請け合いです。

この画像では全く伝わりませんが。

(製本されたものが届きましたら、また改めて掲載致します)

そんな繊細かつデンジャラスな装丁を手掛けたのは、名和田耕平氏。

さんさん録』の、大胆かつ渋い装丁が素晴らしいと個人的には思います。その他、最近の話題作も数多く手掛けていらっしゃいます。

詳しくは、公式サイト名和田耕平デザイン事務所でどうぞ。

この方、めちゃくちゃ若い。聞いた時は耳を疑った。

その若さで、そんな渋いデザインを……!?と。

作者×2&担当編集&デザイナーの対面4者会議で、泥沼の5~6時間ループ会議となり、出だしからウンザリしたかとは思いますが、完成まで辛抱強く付き合って頂きました…ありがとうございました。

見所としましては…初めてオールカラー漫画が巻頭に付いてます。

月刊LaLaで連載開始時の2色カラーもそのままで掲載されています。

それと、ここに至るまでの色々な事情がちょっとだけ解明されるようなされないような…その辺は飽くまでオマケというかお目汚しという事でひとつ…。

というわけで、書店で試し読みを出来る所も最近は多くあるようなので、まずは冷やかし半分で手に取って頂ければ幸いです。