俺の進化

何万年、何億年の時を経て生物は進化を続け、人間はここまで辿り着いた。

文字で書けばたった34文字だが、その過程を遡れば途方もないものだ。

魚が陸に上がって生活する…それだけでどれほど身体が変化しなければならないのか。いきなりニョキッと足が生えた訳じゃあるまい。日々刻々と、ほんの僅かずつ、本人も気付かないほどの変化を積み重ねて、我々は進化しているはずである。

いきなり何の話しだ。宗教でも始めたのかと思われるかもしれないが、そうではない。

ここだけの話だが、私は目に見えて進化しているようなのだ。

自己啓発セミナー等に通っていらっしゃるのか。そう思われるかもしれないがそうではない。待て。行かないで。聞いてください。

どうにも腑に落ちない身体の変化があるのです。

もう、十年近くにわたって、私を断続的に悩ませ続ける人体のミステリー。

右手の人差し指と中指の、第1・第2関節の外側、それぞれ計4箇所が、定期的に強化されている。

端的に言うと、脱皮して、その度に皮が強くなっているのだ。

言葉では非常に説明しづらいので、図にしてみた。(図1)

図にしても解りにくいですか。そうですか。

1〜2ヶ月に1度、痛みや痒みなどは全く無く、ふと気付くと皮が浮きあがり白くなっている。

 

「あーまた俺は強くなるのか

やるせない増強感に溜め息をつき、虚ろな目をしつつ皮をグリグリと剥ぎ取ってしまう。

中から出てくるのは、ツルッとした強靱な皮膚。

何故だ。何だ君は。ツルンとしやがってさ。

前記のように、痛みも痒みも無いので、病院に行くほどでもない。

何かのついでにお医者さんに訊いてみるぞ!と意気込みつつも、そうそう皮膚科に行く用事もなく、日々が過ぎていった。

Webで虱潰しに検索してみるも、該当する症状は見当たらず。

第一候補と目されていたカビや水虫などの菌関係は、痒みや水泡や角化、転移等を伴うようで、いずれも該当しない。

妻に、これはどういう事だろう…と相談してみた所、

「おかしいんじゃない!?」

とピッチャー返しのように疑問をはね返された。

うん、ほんと…ご免なさい…おかしくて……。

以上をもって、今のところ自分を納得させるにはこの結論しかない訳です。

日々刻々と、ほんの僅かずつ、私(の右手の人差し指と中指の、第一・第二関節の外側計4箇所)は進化している、と。

このまま進化し続けたら、私はどうなってしまうのか。

図にしてみた。(図2)

わ〜、パスタなど持ちやすそ〜♪

…どなたか止める方法がありましたらご連絡下さい。

[初稿・2005.11.03]