エロの循環

妻のパート先にいる若い男性アルバイトが、漫画家夫婦のご子息らしい…との情報。

妻によると、母親が「高見まこ」先生、父親が「わたなべ…」なんとか先生…よくわかんない…とのこと。
そんな環境からか、ご子息も漫画好きらしい。

10周年の言葉

そういえば、漫画原作者として連載を始めて、6月24日あたりで10周年でした。

その前の新人読み切り作家時代を含めたら14~5年だけど、漫画家は連載してなんぼだと思うので、B.B.Joker開始からということで…。

10年やれれば、作家としてポジションを獲得したということだからそのまま一生やっていける、というニュアンスのことを某先輩作家さんに言われたのが十数年前…結構その言葉を目標にやってきた気がします。

とか呟いていたら、”優しい先輩”を自称する某スケベな映像監督さんが、

「10年やってしまえば、作家としての生活に首までどっぷり浸かって、その頃には転職可能年齢も過ぎ……」

などと薄ら笑いで呟き返してきたので、

「暇さえあればハローワークのWebサイトを覗いてる俺を舐めんなよ!」

と激高した次第です。

1000ページ描いたら一人前というのもどこかで聞いたような…1000は確実に越えてるな…でもそれは絵的な面での話だろうから関係ないかな…というかもっと書けよな10年もやってんならよぉ…なに愚図愚図してんだよぉ……

ともかく、ギャグ作家○年寿命説に根拠なく怯えつつ、10年。

寿命を越えてここ数年エクトプラズム状で書いてる気がしないでもないですが、今後も素敵な定職が見つけられたらいいなぁ…などと手遅れな妄想を抱きつつ虚無や悔恨や漠然とした不安と戦いながらのらりくらりと這いつくばって生きていこうと思っております。

何一つポジティブな言葉が浮かびません。

カラスヤさんとT田さん

当blogで、カラスヤサトシ氏の漫画のファンですと公言してみたら、それを見た知り合いの某誌編集さんから電話。

「それの担当、僕の同期なので話しておきます」との事。

数日後、カラスヤ氏担当編集さん(T田氏)に話した所喜んで頂いたようで、サイン本を送ってくださるとの事。

しばらくしたら本当に送ってきてくれました。しかも名前入りで1巻2巻のセットです。

わーい!

(一応モザイク処理してますが、例のあのサインです)

生の描線も非常にキモカッコワルイです。

素敵です。

お忙しい中、本当にありがとうございました。

ンボウッ

居間で使っているこんな感じのガスストーブを掃除しようと、縁側にストーブを引きずり出し、エアダスターで隙間に噴射。埃がガンガン出てくる。

こりゃええわいと色んな角度から覗き込み、しつこくプシューーーーーーーーーッと噴射しているうち、左手が何かをプチッと押した。

ガスストーブ点火スイッチ。

「あ…やばい…」と思うと同時に、「ウッ」と音がした。

目の前がオレンジ色、顔面に猛烈な熱風、呼吸出来ないほど勢いのある煙、強烈な刺激臭。

死ぬかと思った。

横着して、ガスストーブのコンセントを差し込んだままやっていたのだ。

しかもしゃがんで覗き込みながらなので、炎が顔面直撃。

バカというかほんと火事にならなくて不幸中の幸いというか…

自分だけ火だるまになるのならともかく。やばかった。

もう2度としません。ご免なさい。

被害

・眼鏡、曇ってるだけかと思ったら表面が焼けてた…買い替え

・右手首付近、若干火傷(すぐに冷やしたのでたいした事なさげ)

・呼吸器系にずっと違和感が残っている(鼻の奥に刺激臭…のどの奥が嫌な感じ)

・ヒゲ、焦げる(ヒゲトリマーで切ったら目立たず)。

・前髪、焦げる(どうしよう)。

・眉毛は元が多すぎたので丁度良い感じに。

・縁側付近の網戸↓豪快に熔ける。

…なにがあったんでやんすか…?

こっち見んな。

作ったはずなのに

『殺し屋さん』第2巻、無事発売になったようです。

実は、まだ原作者の手許に届いておりません。

発売日なのに。

まだ一度も製本されたものを見ておりません。

発売日なのに。

おかしいなぁ…配達事故かなぁ…今日には自分用と献本用のが確実に宅配されるはずなんだけど……

いっそ書店で買ってこようか…とも思ったがこの辺は田舎なので置いていない確率のほうが高い。外に出ている間に宅配便来てたら悶絶ものだ。買って帰った瞬間に届いたら発狂するかもしれない。発狂はしないな。

などと考えながらグズグズ仕事をしていたら、呼び鈴が鳴る。

よーし来た来た……グズグズ仕事をしていてよかった……(よくない)

せっかくだから開封の記念撮影でもしておこう……(いいから仕事をしろと思う)

どうでもいいが可愛かったので。

家にルービックキューブがあるのですが。

1年前の長男の誕生日に、オマケで買った奴ですがね。

5歳児と3歳児に解ける訳も無く、ほったらかしになりつつ、たまに目に付いた時にガッチャガッチャと弄られているのですよ。

全面攻略は法則通りやらないと無理っぽいので、とりあえず一面ぐらい揃えてみては?と提案してみる。

3歳児「ギューニックキューブはー!いろをそろえるんだよね!!」

5歳児「むずかしいんだよねぇ……ギューニックキューブ

……なんだギューニックキューブって。

サイコロステーキの別称か?

なんか可愛くてどうでも良くなった。

誰も知らない

私の仕事部屋(という名の普通の6〜7畳間)にはでかいホワイトボードがある。

スケジュールや思いついた事を羅列したり、マインドマップに使ったり、緊急の書類をマグネットでくっつけておいたり。

子供らがたまに仕事部屋に入ってきて、ホワイトボードにちょこちょこ何かを描いて去っていく。

うーん…これはトーマスとテレンスってところかな……長男、美大出のママの血をさっぱり受け継がず平均的5歳児のヘタさ加減。

その上に覆いかぶさってる赤いものは何だろうな…次男ちゃんの事だからきっとまたグチャグチャオバケだろうな……

いつもこんな感じなので、いちいち気にしていたら仕事にならない。

勝手に描いて勝手に消してねー…と。

仕事から帰ってきた妻が、部屋に入ってくる。

ホワイトボードを見た瞬間、悲鳴。

「なにこれー!もー!!なんでこういうの付けちゃうのかなハル(長男)はーーー!!」

…………ん?なんの事だ……???

世界ひとり歩き

某日、某所から電話。

相変わらず、何やら恐る恐るといった雰囲気だ。

「……あのーですね……『殺し屋さん』ですけど……

また海外からオファーがありまして……」

……。

さては君たち、寄ってたかってからかっているな?

無縁の地

普通の作品なら、日常茶飯事の出来事で特に目新しい事でも何でもないのだけど。

自分には全く無縁のものだなぁと思っていた。

日本の極一部でしか通用しないものだと。

でもそういうもんだ、そこが自分のイイとこでもあるんだし。

と。

某日、某所から電話。

何やら恐る恐るといった雰囲気だ。

ふれあえ!!下水道館

前日の猛烈な頭痛も完全に消えて、思う存分家族と出かけることに。

行き先は、近所にある『ふれあい下水道館』。

何でよりにもよって下水道!ふれあったら大変じゃないか!

ふれあい下水道館